in my life

〜タカSHITとその生涯を追う〜(民明書房館より)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
うなぎ釜めし(東京都奥多摩市「釜めし なかい」)
昔、奥多摩市近隣に住んでいたこともあり、何度か家族と行ったこのお店。久しぶりに行ってきたぞ。

名前のとおり釜めし屋なので、基本は釜めし系のメニューばかり。今回はうなぎをチョイス。待つこと10分強。田舎の民家をそのままお店にしたようなところなので、子供の頃に行ったおじいちゃんちのような、そんな懐かしい雰囲気を楽しめる。そして料理が到着。



「うなぎ釜めし」

セットの内容は、釜めし・水炊き・こんにゃくの刺身・漬け物・まんじゅう、とボリュームたっぷり。もちもちの白米に柔らかいうなぎが乗った釜めし、野菜の香りが最高の水炊きが美味しいのはもちろんだが、この店の隠れた名プレイヤーは実はこんにゃくの刺身なのだ。わさびをたっぷり付けて食べると・・・・ンマ〜イ!

お値段ですが、うなぎ釜めしは¥1700。決して安くはないけど、田舎の雰囲気で食べるこの釜めしは、きっと値段以上の満足感をくれるはず。かなりオススメです。

釜めし なかい
16:20 | 美味・珍味 | comments(0) | -
ミートソース(茨城県つくば「WEST HOUSE」)

さて、茨城はつくばが誇る老舗の洋食屋、「WEST HOUSE」からの一品。



「ミートソース」

いろんなところでミートソースを食べてきたけど、これは抜群に美味い。一口食べてみればわかる。とにかく、

「優しい味」

なのだ。酸っぱすぎないっていうね。決して飛び上がるような味ではないし、パンチ力にも欠ける。ほんとシンプルなんだけど、なかなかこの味には出会えないと思う。なんていうか、

「誰もが思う理想のミートソース」

っていう感じかなあ。ソースが余っても、気付くと全部食べてしまう。パスタの茹で具合はもちろん、上に乗ってるブロッコリーも柔らかくてウマー!―気になるお値段は¥780

さてこのWEST HOUSE、結構テレビで紹介されたりもしてるらしく、覚えてるところでナンチャンの写真があったような気がする。ここの最大のウリである、1mを超すジャンボパフェの紹介だったらしいが。でも、なかなかジャンボパフェなんて食えないしね。まずは洋食メニュー、特にこのミートソースから入って欲しいものです。

08:50 | 美味・珍味 | comments(0) | -
豚トロ塩焼き(茨城県つくば市「お好み王国」)
今回はツマミにぴったりな料理を紹介。



「豚トロ塩焼き」

この「お好み王国」は、もちろん名前のとおりお好み焼き屋なのだが、一番美味いのはこの料理。コリッコリの豚トロを、元の味付けである塩コショウだけで食べるもヨシ、付いてくるタレと柚子コショウをプラスしてもヨシ。上手く表現できないのがもどかしいが、

「スナック菓子みたいにサクサク食べられる!」

―我ながらあんまりいい表現じゃないが(笑)、とにかくあっという間に食べ、ビールを飲むヒマすら惜しくなるという、「結局ツマミじゃないじゃん!」と言われてもしょうがない一品。
21:58 | 美味・珍味 | comments(0) | -
ネギ餃子(茨城県つくば市「珍来」)
「珍来」・・・・茨城ではわりと有名なラーメン屋のチェーンである。茨城には、どういうわけかあまり美味いと思えるラーメン屋がない(ツヤッツヤの合成っぽい麺を使用してる店ばかり)ため、ラーメンが食べたくなると結局ここに来てしまう。だが、





「ネギ餃子」

だけは別。これはほんとに美味い。餃子に甘いタレとピリ辛ミソをたっぷりと付け、ネギと一緒に口に運ぶと・・・・ンマ〜イ!―ちなみに値段は、大きめの餃子が5こ入りで¥350。他にも、たっぷりの白菜とチャーシューが入った、「うまいラーメン(¥650)」というメニューもなかなかイケる。

さて、注意点として挙げておきたいのが、「茨珍(いばちん)」というお店の存在である。これは読んで字のごとく、「茨城の珍来」ということで、「珍来」の正式なグループ店なのだが、ここはめちゃくちゃマズい!ビックリするくらいマズい!―ご注意ください(笑)。

店舗情報はこちらからどうぞ→珍来
12:12 | 美味・珍味 | comments(0) | -
白潮豚骨ラーメン(京王線府中駅「節」)
僕の趣味には、別に「ラーメン屋巡り」なんていう洒落たものはないが、それでもやっぱりラーメンは好きなので、そこそこ回ってきた。その中で、「うわ!めちゃくちゃ自分に合ってるラーメンだ!」と思ったのがこちら↓。



「白潮豚骨ラーメン」

もうね、ほんっとコッテリなんだよね。店の前から、もうすでに豚骨臭が漂ってるくらいだからね。ちなみに、勤務先が近かったこともあり、先輩・上司をよく誘ったのだが、皆口を揃えて、「コッテリし過ぎてて、おれにはちょっと・・・・」っていう意見ばっかりでした。それでも、めげずに一人で週3は通ってたけど(笑)。

さて、そんなコッテリラーメンですが、博多式よろしく、麺の固さはもちろん、油の量と味の濃さが選べます。週3で通い続けた僕が出した結論は、

「味:普通 油:多め 麺:針金」

これが一番美味い!―通い続けて、「トッピング無料券」持参の僕は、上記の味付けにいつも味玉を追加していたのだが、後半は、

「いつもので」
「―はい!いつものですね!」


という憧れのやり取りができました((笑)。―あ、お店の紹介をしてなかった。京王線府中駅から徒歩1分の「節」っていうお店です。「これでもか!」ってくらい濃厚な豚骨ラーメンが食べたい方は是非。
08:39 | 美味・珍味 | comments(0) | -
那須和牛サーロインステーキ(栃木県那須「ステーキハウス寿楽」)

ちょっと前に「那須和牛」を食べました。僕、和牛って食べたことなくてね。ずっと「質より量だろ!」って安い肉を食べつづけてきたんだけど、たまには贅沢しようと思ったんだよね。ということで、



「那須和牛サーロインステーキ(300g)」

を注文。―しかし美味かった!席に着くまで50分、料理が出てくるまで40分、計90分待っても全く文句が出ないくらい美味かった!一口食べると、



「とろけるような舌触り」

肉がこんなに柔らかいものだとは知りませんでした(笑)。噛まなくても勝手に溶けてく感じっていうのかな。「油ギトギトのサーロイン」しか食べたことのない僕にとって、サーロインの注文は冒険だったのだが、これは全然違う!油が肉を、肉が油を引き立てるッ!

「一生忘れない味」

っていくつかあると思うけど、これは間違いなく「人生ベスト3」に入ってくるだろうな。

僕が食べたときは300gで¥4500だったのだが、7月から¥4700に値上がりしたみたい。それでも、間違いなく¥4700出す価値はあります。でも危険なのが、これを知ってしまうと「ス◎ミナ太郎」とかの安物の肉が食えなくなってしまうので注意(苦笑)。

お店ですが、那須ICを降りて、「LEGOスタジアム」に向かう感じで進むと左手に見えます。詳しくは↓のリンク先をご参照ください。休日は、1時間待ちくらいをお覚悟くださいませ(笑)。

和牛専門店寿楽

08:33 | 美味・珍味 | comments(0) | -
 1/1PAGES