in my life

〜タカSHITとその生涯を追う〜(民明書房館より)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
映画:レッドクリフ PART1/2(10点/7点)
三国志好きの僕は、当然、「1」も「2」も映画館に観にいったのだが、レビュー書いておいてUPするのを忘れてました。個人的な感想としては、

「アクションの『1』、ストーリーの『2』」

ってな感じだろうか。まあ、ストーリー的には突込みどころも満載(特に「2」)なのだが、この手の映画のストーリーに突っ込むのは野暮ってもんだ。圧倒的なアクションに素直に感動すればいい。僕は「実写版三国志」の最高峰だと思う。というわけで、ストーリーの解釈をしてるブログなんていっぱいあるだろうから、ここでは、「この映画で僕が個人的に感動した人物ベスト5」なんぞを。


5位:甘興
オリジナルキャラ。「うわ!中村獅童が中国語しゃべってる!」ってびっくりしたもんだ(笑)。やり過ぎってくらいにイカツい表情、腕を動かす度に鳴る「ブン!」っていう擬音。マンガっぽさが逆にかっこよかった。

4位:曹操
マンガ「蒼天航路」以来、その存在を見直されてきている、「三国志演義」の敵役・曹操。この映画でも、結構いい役だったのではないだろうか。最初の登場シーンでのカリスマ性、憎らしいながらも「さすが天下の大権を掌握した人物」と思わせる器のデカさ。「2」ではアレだったけど、曹操ファンの僕も満足。

3位:子龍(趙雲)
僕は、三国志ファンとしては珍しいと思われる、アンチ趙雲だったのだが、この映画の趙雲はやばいくらいかっこいい。特に最初の戦い(長坂の戦い)。マンガ「蒼天航路」やゲーム「三国無双」ばりのアクションはもはや卑怯。ひ、退けい!ジャーン!ジャーン!

2位:孔明(諸葛亮)
この映画の前評判の段階では、「金城武が孔明?」って不満に思ったのだが、これがまたものすごいハマリ役。涼しげな表情といい、時折見せる人を喰った言動といい、「横山三国志」の孔明をそのまま実写化したかのような印象を受けた。「10万本の矢」のときの肝の座り方は異常。「天下の軍師」っていう大物っぽさがよく現れていた。

そして、この映画での僕の個人的なMVPは・・・・

1位:張飛
趙雲と同じく、長坂の戦いのシーンがかっこよすぎた。曹操の大軍を見据える表情は、まさに「万人の敵・張飛」になりきってたと思う。そして突撃の掛け声。全身に鳥肌が立ったのは僕だけじゃないはず。「1」のDVDを持っているのだが、このシーンだけ何度も見返したほど(笑)。


―とまあ、こんな感じ。関羽もよかったけど、なんか役者の背が小さくて、とても「2m以上あった軍神」って感じがしなかったのがマイナス。また、周ユは主役級の待遇だったことで逆にリアリティを欠いてたような気がしてマイナス。

ともあれ、この映画から、三国志に興味を持つ人が増えてくれたら嬉しいよね。ギャルと曹操について話しながら飲める日は来るのだろうか(笑)。―以上、すでに観た人にもこれから観る人にも何の参考にもならないレビューでした。
22:07 | 映画 | comments(0) | -
(映画)プラネット・テラー(9点)
いやいや面白かった!やっぱり、こういう爽快なガンアクションは大好きだ。「デスペラード」のギターケースが、今作では義足になっただけなような気もするが、映し方がやっぱりかっこいいよね。だって、

「セクシー美女が義足にマシンガン付けてぶっ放す」

んだぜ!?―かっこ悪いわけないでしょう。「途中でフィルム紛失しました」みたいな細かい演出もよかったけどね。
16:51 | 映画 | comments(0) | -
映画:アメリカン・ビューティー(10点)
「心の闇を見事に描いた超名作!!」

いやいや、びっくりするぐらい面白かったよ。こんなに面白い映画をなんで今まで見なかったのかって後悔したもん。いや、タイトルからして「アメリカの美」でしょう?なんか、くだらないアメリカ万歳系映画だと思ってたんだよね。そしたら全くの逆、むしろアメリカ社会、ひいては現代社会への皮肉たっぷりの映画だった。一番最初のシーンが、

「見てくれ、シャワーでシゴいてる!」

だったので、「B級下ネタ映画かあ・・・・」って心配になったけどね。共感はできたけども(笑)。―しかし、この「シャワーでシゴく時間が一日で最も充実してる」っていう主人公のダメオヤジ・レスターが、最初は自分の意見を持つことすら忘れてたのに、とある出会いをきっかけに見事に生まれ変わっていく様は爽快だった。また、サイコな青年・リッキーもすごくよかったな。ほんとはサイコなんじゃなくて、美を追求し過ぎて繊細過ぎる青年なんだけど、彼を受け入れてくれる存在が現れたときは、こっちまで嬉しくなった。

他にも、レスターの奥さん、レスターの娘・ジェーン、リッキーのパパ、ジェーンの友達・アンジェラ。全員が全員、心に何かしらの闇を持っていて、それぞれがその闇と向かい合いながら、押し殺しながら生きてる姿は素晴らしかった!―他にもラストの、

「あなたは幸せ?」
「そんなこと聞かれるの何年ぶりだろうな・・・・幸せだよ


っていうやり取りと、その後のレスターのほんとに幸せそうな表情!―そして衝撃のラストにエンディングテーマはビートルズの「BECAUSE」のカバー。完璧過ぎた!

アメリカン・ビューティー
アメリカン・ビューティー
ケビン・スペイシー
20:37 | 映画 | comments(1) | -
映画:コーヒー&シガレッツ(10点)
「『気まずい間』と『くだらない話』、ただそれだけ!」

いやいや、めちゃくちゃ好みの映画だわ。タランティーノ映画のくだらない小話だけを集めた感じ。ストーリーなんて無いのだが、喫茶店で隣のテーブルの会話を聞いてる感じに似てるかな。1話目の「変な出会い」では2人のテンションのギャップが面白いし、5話目の「ルネ」では美女が拳銃の雑誌を読んでいるカットだけで笑える。もちろん、店員の気まずさも。

タランティーノ節や、マンガ「THE 3名様」が好きな人は絶対好きだと思う。BGM替わりにさらっと流しながら酒を飲みたい。

コーヒー&シガレッツ
コーヒー&シガレッツ
ロベルト・ベニーニ
21:51 | 映画 | comments(2) | -
映画:デス・プルーフ(8点)
「タランティーノ節全開!」

いやいや、やっぱりタランティーノ大好きだって思ったよ。2時間弱のうち、6割くらいがビッチどものくだらない会話。残りの4割は理不尽なカーチェイス。そしてあっけない終わり方。

でも、相変わらずくだらない会話は面白過ぎるし、カーチェイスもCGを使ってない(らしい)ので大迫力。終わり方もあっけない中に爽快感があり、「THE END」のテロップが出たときは、思わず吹き出してしまった。もちろん、BGMはかっこいいし、タランティーノ本人も出演!

オススメはしないけど、僕は大好きな一本です。

デス・プルーフ プレミアム・エディション
デス・プルーフ プレミアム・エディション
16:08 | 映画 | comments(0) | -
映画:LONDON CALLING THE LIFE OF JOE STRUMMER(6点)
「街の怒号 これこそがおれたちの音楽だった」

いやいや、これこそがパンクロック・スピリットだよね。ジョー自身によるこの言葉にはほんとしびれた。

貴重なプライベートショットも多く、他にも、元メンバーや元カノ(スリッツのドラムなの?)、U2のボノやスティーブ・ブシェミ達がジョーに対する熱い想いを語る。中でも、クラッシュを通して政治に興味を持ったボノの

「ジョーの歌詞がおれの世界地図だ」

って言葉もアツい!アツ過ぎるッ!―また、クラッシュ解散後、初めてジョーとミックが「WHITE RIOT」を歌うシーンも収録。長年のわだかまりを払拭した二人が、ギターをかき鳴らして歌うシーンはたまらない。さらに当然だが、数あるクラッシュのドキュメンタリーでは語られなかった、「メスカルロス結成までの道」を詳しく描いてくれたのは嬉しい!

クラッシュファンっていうより、ジョー・ストラマーファンは必見。

LONDON CALLING
クラッシュ
15:57 | 映画 | comments(0) | -
映画:バブルへGO!タイムマシンはドラム式(8点)
げっ!気づいたらこのコーナー、2年以上更新してなかった!学生時代はほとんど毎日更新してたのに!―とはいえ、映画見てなかったわけじゃないんだけどね。ただ、レビューする時間がなかったっていうか。

それでは、2年ぶりに帰ってきた「映画」コーナー、「バブルへGO!タイムマシンはドラム式」のレビューをどうぞ。

「和製バック・トゥ・ザ・フューチャー!」

これは言い過ぎっていうかホメ過ぎだが、でも共通点がいっぱいあって、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズが大好きな僕にはすごく楽しめた一本。また、舞台がバブル期の日本っていうところも面白い。リアルタイムでその時代を知らない僕だが、多少誇張はされてるんだろうけど、その時代背景を見ることができて非常に興味深かった。

「内容が濃かったりしなくていいから、なんとなく楽しい映画ないかな?」って思ってる人におすすめ。いい意味でも悪い意味でも、非常に軽〜く見れます。

バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 スタンダード・エディション
バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 スタンダード・エディション
21:38 | 映画 | comments(0) | -
映画:バック・トゥ・ザ・フューチャー・3(8点)
「未来に希望を持たせてくれる、素晴らしいラスト!」

いやぁ、やっぱりこのシリーズは何度観ても良いね。しかも、この「3」はドクが主役級の活躍をするし(笑)。

ただ、やっぱり「1」の衝撃には敵わないかな。肥溜めネタとかも、さすがに3回続くとちょっと長いかも。いや、もちろん面白いんだけどね。それに、ドクが大活躍なのはいいけど、もう少し狂った役柄で活躍して欲しかった。恋愛するドクなんて見たくないよ(笑)。でも、

「人間の未来は全て白紙だっていうことさ!未来は自分で作るのだ!」

っていう、ドクの最後のセリフは素晴らしいよね。僕も、明後日からいよいよ社会人になるわけだが、学生最後の映画として、このシリーズを選んでほんとによかったと思う。もう過去への未練はない。さーて、いっちょ素晴らしい未来を作りに行くか!

バック・トゥ・ザ・フューチャー 20th アニバーサリーBOX
バック・トゥ・ザ・フューチャー 20th アニバーサリーBOX
21:18 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
映画:バック・トゥ・ザ・フューチャー・2(8点)
「ものすげえ面白いけど・・・・」

僕は、基本的にこのシリーズが大好きなので、3作とも10点を付けたい。特にこの「2」は、デロリアンが一番活躍し、頻繁に時間旅行を行う回。未来が出てくる唯一の回でもあるな。

「未来に行って帰ってきたら、もう過去が変わっていた!」

って、面白過ぎだよ。さらに、「1」の舞台とリンクするところも超面白い。二人のドクがカラむところなんか、何回見ても吹き出してしまう。「映像の使い回し」って言ってしまえばそこまでなんだけど、「使い回し」でも面白いからいいでしょう!

でも、この「2」は「あくまで続編」としての意味しかないよね。何しろ、「1」を観ずに「2」だけ観ても、伏線やら前作とのリンクを楽しむことはできないし、「2」を観ずに「3」だけを観ても、唐突過ぎてわけがわからないだろうし。そういうことで、泣く泣く−2点。しかし、あと10年足らずで、

「ポケットを外に垂らすのが流行だ」

っていう世界になるのだろうか。ホバー・ボードが流行るのは嬉しいが、運動神経の悪い僕は乗れないだろうな(苦笑)。

バック・トゥ・ザ・フューチャー 20th アニバーサリーBOX
バック・トゥ・ザ・フューチャー 20th アニバーサリーBOX
20:51 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
映画:バック・トゥ・ザ・フューチャー(10点)
単純だとか子供っぽいとか、批判意見は多々あるだろうけど、やっぱりこれほど面白い映画はない。まあ、映画トークになって、これが一番好きな映画とはなかなか言いづらいけど(苦笑)。

それでも、「両親の青春時代に会いに行く」っていう設定は面白過ぎるし、全ての伏線が見事に絡まり合っていくストーリーはすごいと思う。黒人市長とかチャック・ベリーとか、その他もろもろの細かい一言やカルチャーとかね。個人的に大好きな一言が、

「ジョーイおじさんが、もうオリに入ってる」

ってヤツ。これはいつ見ても爆笑!あとはなんといっても、この映画には夢があっていいよね。

ちなみに、僕はこの映画の壮大なテーマソングが大好きで、ドライブするときには必ずかけるという、助手席泣かせかつ恥ずかしいペーパードライバーだが、ついデロリアンに乗ったつもりで、140キロ出しそうになってしまう(笑)。

バック・トゥ・ザ・フューチャー 20th アニバーサリーBOX
バック・トゥ・ザ・フューチャー 20th アニバーサリーBOX
↑なんと特典は、ドクからマーティへの手紙のレプリカ!・・・・ほ、欲しい!
09:38 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
 1/8PAGES >>