in my life

〜タカSHITとその生涯を追う〜(民明書房館より)
<< 映画:ブラス!(9点) | TOP | 映画:アイリスへの手紙(7点) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
マンガ:「サバイバル」作画:さいとうたかを
「漂流教室」と並んでメジャーなパニック系マンガ。これら2作を読んでしまうと、わりと最近の人気パニック系マンガである「ドラゴンヘッド」は、実は、

「『サバイバル』と『漂流教室』を足して2で割り、現代風の絵に書き直しただけ」

ってことがよくわかる(笑)。

さて、このマンガはさいとうたかを氏の作だけあり、説教クサイほどに細かく丁寧な説明書きが入るのがウリ。でも、「ほんとにいつかこういう日が来るかも」と思わされてしまうほどに、リアルにストーリーが作られているので、ついついそれらにも目を通してしまう。実際、「住処の作り方」や「保存食の作り方」、「山の歩き方」なんかは非常に参考になる(気がする)。―とはいえ、主人公の14歳の少年サトルは超人過ぎですよ!

変なところばかりを挙げてしまったが、マンガとしても非常に面白いので、是非読んで欲しい。廉価版でよければ、1冊¥100で全巻揃うよ!

しっかし、パニック系映画は大概つまらないというのに、パニック系マンガってハズレが少ないな。

サバイバル (1)
サバイバル (1)
さいとう たかを
↑こんな面白いマンガなのに、なぜか画像ナシ。もうバカかとアホかと。
15:50 | マンガ | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
15:50 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://takashit0215.jugem.jp/trackback/118
トラックバック
2007/07/29 6:57 PM
漂流教室『漂流教室』(ひょうりゅうきょうしつ)は、楳図かずおのSF漫画作品。週刊少年サンデー1972年23号〜1974年27号まで連載。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History Licen
このマンガが読みたい!