in my life

〜タカSHITとその生涯を追う〜(民明書房館より)
<< さらばよ、さらば | TOP | スト4との出会い その2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
スト4との出会い
初めて「ストリートファイターシリーズ」をやったのは、確か小学校のとき。おもちゃ屋に置いてあった「スト2ターボ」のアーケード筐体だったと思う。当時の僕には、敵に当たると青く燃え上がるベガのサイコクラッシャーが異常にかっこよく映り、なけなしのお小遣いで何度かベガをプレイした。当時は、コンボなんてもちろんできなかったが、ただサイコクラッシャーを出してるだけで楽しかったのを覚えている。

中学に上がり、ヤンキーのカツアゲに怯えながらもゲーセンに通う毎日が始まった。「スパ2X」ではブランカ。「ストゼロシリーズ」では、リュウ・ケンはもちろん、ガイとか元とか超テクニカルなキャラも使ってたっけ。40連勝して、塾の時間だったので捨てプレイしたこともあったくらい腕も上がった。でも、当時は「ゲーム好き=モテない」ってのが一般的であり、さらに新しく出た「スト3シリーズ」の難しさもあり、いつの間にかゲーセンには行かなくなった。これが1997年。僕が16歳のとき。

そして時は2010年。あれから13年のときを経て、中国は最北端の某都市で、

再び「ストリートファイターシリーズ」にハマることになるとは誰が想像しただろう。

僕はというと、2009年の夏に仕事を辞めて以来、中国は某都市の某大学院生になっていた。さて、何しろ中国の地方都市。娯楽などはほとんど存在せず、そのとき付き合ってた中国人の女の子がゲーム好きだったこともあり、なんとなーくゲーセンに入り、やるゲームもなかった僕は、なんとなーく「ストリートファイター4(以下スト4)」をプレイした。「あぁ、いつの間にか『4』まで出てるんだ」などと思いながら。

つづく
10:13 | スパ4AE2012 | comments(0) | -
スポンサーサイト
10:13 | - | - | -
コメント
コメントする