in my life

〜タカSHITとその生涯を追う〜(民明書房館より)
<< スト4との出会い その4 | TOP | 一年ぶりの修羅の国・日本でのスパ4AE2012その2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
一年ぶりの修羅の国・日本でのスパ4AE2012
 日本に帰ってきてもう1週間が経ってしまった。この間、ゲーセンに行けたのはたったの2日。日本は娯楽が多すぎて時間がいくらあっても足りない(笑)。

とりあえず言えることは、去年僕と大体同レベル〜僕より弱かったプレイヤー、あれから一年経ってみんなめちゃくちゃ強くなっててビビった。元々僕より強かったプレイヤーは、もう差が埋まらないほどになってしまっている。一年っていう時間は短いようで長く、継続していればちゃんと成長できる時間なんだなと実感した。

戦績は初日が9勝15敗、二日目が7勝13敗と大幅に負け越し(´ω`;)

バトルランクも「A」からとうとう「BBB」に(^_^;)

ただし、アーケードスティックが久しぶりの僕。コマンド精度に問題がありまくりだったのも否めない。特にダッシュがキチンと入力できず、投げからのセットプレイが強いベガなのに、それの成功率が極端に低いという。あと、「飛び道具をセビって前ダッシュ」、これも全然できてない。この一ヶ月、スティックに慣れるだけで終わっちゃいそうだなぁ(苦笑)。

もちろん、「僕も成長したな」と思える点もいくつかあった。

・被起き攻め時のEXサイコ逃げを減らした
・しゃがみグラップを少なくした

明らかに戦略に影響が出てるのはこの2つだろう。前者は初心者が陥りがちな行動だけど、もうベガ対策ってかなり進んでいるので、わりと起き攻め時にEXサイコを釣ろうとする人は多い。なので、実はガードが結構安定ってのに気づいた。ただ、そのぶんゲージが余ってる時間が長かったので、中間距離からホバーや大ダブニーをぶっぱなして攻め込んでみよう。

そして、しゃがみグラップも似たような理由。グラップを捨てて相手の行動を観察していると、実は「投げ:グラ潰し=2:8」くらいの人が多いことに気づいた。グラ潰しって決まると気持ちいいので、この気持ちはよくわかるけど(笑)。なので、被ダメージ効率を考えると投げを食らった方が安い場合も多い。もちろん、端での投げを喰らうと相手の投げの期待値はとんでもないことになるが。

続いてコマンド精度以外の課題。

・ゲージをもう少し使っていく
・もう少し我慢する

ゲージについては上述。2点目の「もう少し我慢」についてだが、リードしている試合の中盤から終盤、「何となく手持ちぶさただからクルージングした→相手の欲望行動からUCまでもらって死んだ」ってのが何度かあった。タイムアップも辞さない覚悟で待つくらいの気持ちも大事ですね。

一年ぶりに修羅の国でプレイしてみた感想はこんな感じかな。一時帰国もあと3週間。あと何回ゲーセン行けるかなぁ。

以上。
07:20 | スパ4AE2012 | comments(0) | -
スポンサーサイト
07:20 | - | - | -
コメント
コメントする